コトノカの理念ー風通しのいい暮らしをつくるー

風通しのいい暮らしをつくる。

「風通しのいい暮らしをつくる」。これがコトノカの理念です。ごくシンプルな言葉。使命、ミッション、経営理念という言い方もあるようですが、それだと、すこし大げさに聞こえてしまうかもしれません。

私たちは、オリジナルブランドの商品をつくるとき、常にこの言葉を意識しています。そして、他ブランドの商品を取り扱わせていただくときも、その判断基準は一つだけ。「これは風通しのいい暮らしにつながるだろうか?」と。

日々に少しだけ風を。

「コトノカについて」というページでご紹介していますが、コトノカのデザイナーは、これまで主に乳幼児、子どもに関わる仕事や活動をしてきました。その中で、コトノカというアイデアが生まれました。

でも、いざ商品をつくろうと思うと、しばらく立ち止まって考える必要がありました。機能やデザインをしっかりとつくりこむのは当然のこと。私たちはコトノカの商品を通じて、誰のどんな役に立ちたいんだろうか、と。

そのとき自然に出てきたのが、「風通しのいい暮らしをつくる」というコンセプト。たしか、「リネンのどこが好き?」、「風通しのいいところ」そんな他愛もないおしゃべりがきっかけだったと思います。

口に出してみて、とてもしっくりと感じたのを今でもおぼえています。日々奮闘している女性の、あるいは子育て中のママとベビーの毎日に、麻という素材を使ってほんのすこし風を足すことができたら。それはとても幸せなことだろう、と。

コトノカ。言の家。

そして、こんなことも思いました。風通しのいい暮らしの家では、きっと言葉の通りもいいだろう。家族の中で言葉が自然と生まれ、広がっていく。そのお手伝いができたら、どんなに素敵だろう。

わたしたちがコトノカ(言の家)である理由です。