子どものはじめてのお泊り


おとまり

はじめてのお泊り。いつでしたか?

子どもが親と離れてはじめてのお泊り。おじいちゃんおばあちゃんの家が近い方は、かなり早くから体験しているかもしれませんね。

我が家の長男は4歳になるまで1人でお泊まりしたことがありませんでした。

「お泊りする?」そう聞いてもニヤっとしながら「え〜でも〜 まだママと一緒がいいー」と答えるのが常だった息子。

突然のお泊り宣言

ある日。本当に突然に「Sくんちにお泊りしたい」と言いました。

Sくんは近所に住む1歳上の男の子。生まれた時から仲良くしてもらっており、親同士も仲がよい関係です。

早速Sくんママに相談すると、ふたつ返事でOK。こんな嬉しいことも言ってくれました。

お互い、親や親戚以外で仲良くできる、信じられる大人とたくさん触れる機会ってすごく大事だし、大好きな◯◯家とそんな風になれたら最高

なんてありがたい…。心の底から同意。親以外の友達、親以外の大人の存在ってとても大事ですよね。

そしてお泊り当日

ハイテンションで迎えた当日。おもちゃで一緒に遊び、お風呂、夕飯をいただき、遊び、就寝。

夕食後、私達の帰る時に少しだけ寂しい顔をみせたものの、楽しい気持ちのほうが強かったようで、すぐにおおはしゃぎに戻ったようです。

あそび

親離れ・子離れ

長男のいない夜はなんだか妙に静かで。親のほうが少しセンチメンタルなきもちになりました。

子どもはこうやって少しずつ、大人になっていくのですね。小さい手とつないで一緒に歩ける日ももう少しなのかもしれない。そう思うと、より日々を大切に過ごそうと思えました。

Image