授乳・おむつ替えをいかにラクに快適にするか


新生児との生活。

授乳・ミルク・おむつ替えに明け暮れる日々になります。

どれくらいの頻度なの?

 産後、まだ入院している時の記録です。

Image 1

◯印は授乳、正の字はうんち・おしっこの回数。

生後1週間目の記録なので、かなり頻繁ではありますが、しばらくはこんな感じです。

夜中の授乳は1時間半〜2時間おき。その都度おむつ替え…細切れの睡眠です。

できるだけストレスなく過ごそう!

授乳・ミルク・おむつ替えは、できるだけ簡単・快適にしましょう。私は枕もとにこんなグッズを置いています。

お世話グッズをまとめてセット

Box

おむつ、あかちゃんにつかうグッズをまとめたバッグ。そして、夜間の自分用水分補給のためのタンブラーを常備。

Naka

バッグの中には、体温計・つめきり・クリーム・ガーゼ・綿棒・おしりふきコットン・おむつ替えシートなどを入れておきます。

あかちゃんにやさしい、おしりふき

おしりふきはコットンを水に濡らしたものを使っています。

産院でもこれをつかっていて、この方法が赤ちゃんの肌には一番やさしいとのこと。

2ヶ月くらいになったら市販のおしりふきに変える予定です。

Cotton

ただ、おむつ替えのたびに水道でコットンを濡らすのは大変。

うちでは、余っていたプラスチック容器に、一晩分をまとめて濡らしておいたものを入れておきます。

Case

母の夜の楽しみ

疲れた身体への水分補給にはあたたかいお茶。

友人たちから、お祝いにといろいろなお茶をいただきました。お茶はこの時期の唯一の贅沢!うれしいです。

Tea

ローズエキスの入ったリンゴ酢もいただきました。幸せ。

Su

紙おむつか、布おむつか。母乳か、ミルクか。人によって必要なものは違いますが、夜をすこしでも快適にする。とても大事なことです。

慣れてくれば、合間合間で効率よく眠れるようになってきます。

明かりが必要なら

夜中のおむつ替え・授乳・ミルクの際にほのかな明かりが必要です。

間接照明を用意してもよいですが、iPhoneを使っている方ならこちらも便利です。

Image 2

iPhoneのiOS7以降をお使いであれば、「懐中電灯」という機能があります。

これがかなり明るい!緊急時にも役立ちますのでおすすめです。