▶︎▶︎発送・お問い合わせについてご確認ください:8/11日(金・祝)〜8/16(水)まで夏季休暇をいただきます

生涯学習のススメ:3-1 保育士・幼稚園教諭免許について


IMGP5678

生涯学習のススメその3。今回は、まず幼稚園と保育園についてご紹介します。

保育園と幼稚園、なにが違うの?

簡単に言うと、保育園は働く父母のために 乳幼児(0-5才)を保育する場。幼稚園は未就学児(3-5才)の教育をおこなう場です。

だから国の管轄も違います。保育園は「厚生労働省」。幼稚園は「文部科学省」。

働く人の資格も違い、保育園は「保育士」、幼稚園は「幼稚園教諭」の免許が必要です。

保育園と幼稚園、どっちがいいの?

保育園、幼稚園、どちらがいいのか?子育て家庭なら一度は考えたことがあると思います。

そもそも保育園は、親が(二人なら二人とも)働いていないと入れません。

だから、ママが働いていれば保育園。主婦だと幼稚園。周りを見ると、そのような棲み分けが多いようです。ただ、働きながらも幼稚園に入れるお母さんもいます。

保育園は預かり?幼稚園は教育?

上の説明だけをみると、保育園は預かり、幼稚園は教育、そんなイメージですよね。

では保育園では教育はしないのか? 幼稚園はお勉強をする場所なのか?そんなことはありません。

どちらも、子ども一人一人の特性と、発達の課題に即した指導をおこなうことが基本。

そして「幼児は遊びを通して学ぶ」 ということも同じ。

近年、幼保一元化という流れもあり、 お互いの歩み寄りが見られています。

園ごとの方針、雰囲気を確認

私の経験では、保育園と幼稚園の違いもさることながら、保育園同士、幼稚園同士で、けっこう雰囲気が違うな、という印象です。

息子は公立保育園に通っています。東京在住ということもあり、まず入れてもらえるだけでもありがたい。次に家から近いことが重要で、保育園の違いはあまり考えませんでした。

ところが入ってから周りの話を聞くと、同じ認可保育園でもだいぶ違います。

例えばある保育園は、園舎の中には子どもしか入れません。朝は入り口で、子どもに通園バッグを渡し、「さあ、あとは自分でがんばってね」。

一方、息子が通う保育園は、親が教室まで連れていく流れです。息子はちょっと甘えますが、教室でクラスの子たちと触れあえるのが、私の楽しみでもあります。

どちらがいい、という話ではなく、園によって独自の方針がありますので、 まずは園を見学してみて、自分の子どもにあった場所を探す。それが一番です。

次回は、保育士・幼稚園教諭の資格について、ご紹介します。