フランス子育て日記:かしこくなるお出かけ


12月の晴れた土曜日、家族でお出かけです。

車ではなく、トラム(路面電車)でナントの中心部に向かいます。子供は、それだけでわくわく。

今日のお出かけのテーマは「かしこくなるお出かけ」。というわけで、行先はナント市の「自然史博物館」に決定です。

実は、子供は初めての博物館。静かにできるかな、興味を持って見学できるかな?と、やや不安を抱えつつ訪れましたが・・・。

展示そのものも予想以上に興味深く、素敵なものでした。

鉱物、地球について、動物のはく製、なぜだか生きた蛇コーナーも充実。子供も興味津々で2時間近くも見学できました。

f2-1

博物館のクラシックな外観とはウラハラに、タブレット端末で 画面操作できる展示内容などもあり、見ごたえ満点。

f2-2

何よりも外で走り回るのが大好きなタイプの、わが家の子供。

じっと展示物に見入って、パパの説明を聞いている様子に、大きくなったなあと、ちょっと感動です。

f2-3

子供にはまだ無理かも、なんていう大人の判断が正しいとは限らない、うれしい発見でした。

大袈裟ですが、毎日成長している子供の可能性は、きっと無限。子供の可能性を限定しないよう見守るのも、難しいですが親の役目と再認識です。

こちらの博物館では展示の最後に、子供用の塗り絵&くつろぎコーナーがあったのも、子供連れにはうれしいポイント。

f2-4

自然や動物について学んで、ちょっとかしこくなれたお出かけでした。テーマを決めてのお出かけ、おすすめです。

さて、次はみんなでどこに行こうかな。