日本、再発見。


先日、夫の知人のドイツ人のJくんが日本に遊びにきてくれました。

Jくんは何度か日本にきたことのある親日の男性。
広島、京都、奈良、日光など、色々訪ねているようです。

そこで今回は「地元の人がいくような場所にいってみたい」というリクエスト。
私たちは何がいいかな?と考えました。

夏なので、お祭りがいいよ! と、調べてみると
「浅草サンバカーニバル」や「高円寺の阿波踊り」、「六本木ヒルズのお祭り」など
色々と開催されることがわかりました。

阿波踊り好きの私は、「高円寺にしよう!」と提案したのですが、
どうやら高円寺の阿波踊りはとても混むとのこと。

地元の人がいくような、あまり観光客観光客していないところ、という
コンセプトからは外れてしまうかなぁ、、、と再考することに。

そして、決定したのがこちら

nakano1

NAKANO(中野)です。


大きな地図で見る

中野とは、中央線で新宿から5分ほどでつく場所にあり、
総武線や東西線も乗り入れています。
中野サンプラザがある町というとわかりやすいでしょうか。

ここを選んだ理由は、「地元」という言葉がよく似合う、
日本的な小規模な商店街があるということと、
サブカルチャーの聖地と呼ばれる「中野ブロードウェイ」があること。
そして、食べ物屋さんが美味しそうなところが沢山ありそうということ。
さらに、その夜、中野の神社でお祭りがあるということ。

2時の待ち合わせで最初は腹ごしらえ。
博多中州から進出した、鳥肉のお店でランチです。

nakano7

昼間なのに、夜の雰囲気。周りをみるとみんなビールを飲んでました。
日本の居酒屋の雰囲気、伝わったかな?

店員さんは息子にもやさしく、とても居心地がよかったです。
分煙ではないことを除けば、子連れでも入りやすいお店です。

そしてお目当ての一つ「中野ブロードウェイ」へ。
nakano2

中野ブロードウェイの中には、小さなショップがたくさん。
プラモデルやトミカ、カードや漫画、飲食店、占いのお店 etc 
息子はすべてが気になるようで、いちいちお店のディスプレイに向かって
「これ欲しい!」と叫んでいました^^;

Jくんは、漫画「ワンピース」の3巻(英語版)を購入。
日本の漫画は海外でも人気なのですね〜。

そしてしばらく商店街をぶらつき、散歩がてらの歩いて20分ほどの神社に到着。

二礼二拍一礼。日本の参拝方法を伝えます。
nakano4

出店がたくさん。チョコバナナ、かき氷、じゃがバターなども満喫。
nakano6

nakano5

====

nakano3

Jくんはとても喜んで帰っていきました。
息子はあまりにJくんが好きになってしまったため、
別れ際は電車のホームで号泣。

言葉が通じなくても大好きになれるのだな、と感心しました。
帰ってからは早速世界地図で「ドイツはどこ?」と確認。

今度は遊びにいきたいね。
それから次にあうときには「Hello!」の他にも
もう少しはなしたいね、と話しました。

日本に住んでいても、意外と日本のことを知らなかったりします。

今回、外国に住む知人に何を体験してもらえるといいだろう?と考えることで
私たちも改めて日本のことを考えました。

それから、彼との会話の中で日本独特のカルチャー、
例えば七福神をどう説明するのかな?など、思いめぐらせたり

日本独特の気候や環境、例えば日本の蝉はドイツに比べて大きいので鳴き声も大きい、
などと話すことで、自分たちの周りだけが世界ではないのだ、と感じたりしました。

今回のことをきっかけに、将来我が家に外国の留学生などをホームスティに
呼べたらいいね〜 など、新しい夢も広がりました。

Jくん来日記念に中野ブロードウェイで、10年以来ぶりにプリクラを撮りました。
nakano8

最近のプリクラ、、、、すごいですね。
普通に撮るだけで、目が大きく映ります。
そして、やたらと美肌です。別人です!

10回ほどポーズをとらなければならなく、後半息切れでした。

そして、落書き機能などがあるのですが、よくわからず
近くにいた中学生のお姉さんに色々おしえてもらいました。

Jくんもプリクラははじめての体験だったようで、みんなで大爆笑しながら撮りました。

プリクラのような、もともとあったツールも日々進化しているのですね〜
今回、一番の再発見だったかもしれません。