会社訪問


今日は、「北欧、暮らしの道具店」を運営するクラシコムさんにおじゃましました。
北欧、暮らしの道具店」さんは、月間70万PV以上のアクセスがある、人気のお店です。

商品の品揃えや見せ方のおもしろさは言うまでもなく、
WEBでありながら、顔と人柄のみえる運営・思いが伝わる運営をされていて、
次々と公開されるコンテンツを読んでいると、
思わずこのお店のファンになってしまいます。

今回お会いできることになった経緯としては、
1.クニッターで「北欧、暮らしの道具店」さんを見つける。
2.国立市で活動をしている、とても面白い会社さんがあるんだ〜
  とホームページを拝見したり実店舗に個人的に買い物にいったりしてたところ
3.Kotonocaのご依頼している大石会計事務所さんが、クラシコムさんもご担当されていると聞き
4.これも何かのご縁、是非ご挨拶したいです!

ということで、大石会計事務所のNさんとIさんご同行いただき(ありがとうございました!)
ずうずうしくも月末のお忙しい時期におじゃましたというわけです。(しかも息子を連れて)

こまかーなことから、こんなこと伺ってもいいのかしら?ということまで、
たくさんご質問をさせていただき、大変勉強になりました。
とともに、代表取締役の事業に対する熱さとお客様に対する誠実さに直面し、
身の引き締まる思いでした。

クラシコム代表取締役青木さん、ありがとうございました!

そして、息子を連れてのご挨拶。
いつもは結構空気を読んで「俺も打ち合わせ参加してるっぺ」と、
まじめに話を聞いているような息子なのですが、
今日は興奮ぎみで「キャー! う〜〜〜 ああーーーーー」叫ぶ叫ぶ。
皆さんがすぐ近くでお仕事されている中大変恐縮でした。。

帰ってからも、やりたいことがあったので、ついつい放置してしまっていると
明らかに「なんで遊んでくれないの?」的な悲しい声&イライラ声。

そりゃーそうですよね。。。

仕事のスタイルとして、子どもと一緒にやっていけることは、
私にとってもチャレンジであり、希望でもあるのですが、
今回のような場合は、メリハリつけて一時保育にお願いする
というのも一つのやり方だなあと思いました。

息子にとっても、一緒にいるのにまるで目を向けてもらえないのは
ストレスですもんね。

保育園のいいところもわかりますし、
時期がきたら集団生活も必要と思っています。
ただ、子どもがいて、仕事をすること。
「預ける」「預けない」の2択ではないはず。

色々模索しながらやっていきたいと思います。

ちなみに、息子へのお詫びに、その後はお風呂でしっかりと一緒に遊び、
お風呂上がりには、ベビーマッサージをたっぷり(ニヤニヤしてました)。
今はグーグーねてます。

そうそう、「北欧、暮らしの道具店」さん、9/1にはじめての書籍が出版されるそうです!
私も発売日に本屋にいってみようと思います♪
Amazonでも予約受付中〜

北欧、暮らしの道具店 しあわせ雑貨でつくる自分スタイル
北欧、暮らしの道具店
二見書房
売り上げランキング: 1046