はるのかぜがふいてきたら


最近はずいぶんと東京はあたたかくなってきました。
もう初夏が近いですね。

そんな晴れやかな天気の日、突然息子が歌いだしました。
「はるのかぜが〜 ふいてき〜たら〜 わーいわい!」

「春の風が吹いてきたら」という童謡です。
保育園で今歌っているようなのですが、
春の喜びにみちあふれた歌です。

親子で歌うのにぴったりのとてもいい曲でおすすめです。
youtubeなどで検索してみると、発表会(?)の動画等で
子どもたちが歌っている様子がいくつかアップされています。

童謡っていいですよね。
易しい言葉とメロディー。子どもも歌いやすい音程。
親子で一緒に歌っていると、幸せな気持ちになれます。


こちら、弾いてるつもり。
先週末自宅のレイアウト変更をしました。
ピアノを弾きやすい位置に出したところ、興味がわいてきてよく触っています。
子どもにとって環境構成は大事だなぁと改めて思いました。

私自身も、弾きたい欲がふつふつ。
週末は童謡の本を買い足して、ひたすら一緒に歌おうかと思っています。