現在表示されているページ

 

14ひきのぴくにっく(いわむら かずお)


息子の遠足が近かったので、読んだ絵本です。

おとうさん。おかあさん。おじいさん。おばあさん。そしてきょうだい10ひき。ねずみの家族のお話シリーズの一つ。

とてもいい天気のある日。

14ひきの家族はピクニックに行くことにしました。

おにぎりをにぎって、リュックをしょって、笛をつくって、さあ出発。

外には、鳥や花々、かえるや小川、自然の発見がいっぱい。

そして、みんなで外で食べるおにぎりのおいしそうなこと。

この本の魅力は、自然の描写の細やかさ。

かえるのたまご。たんぽぽのわたげ。かたつむり。

息子は、「ふでりんどう」の花の名前を、この本で覚えました。

それから、14ひきそれぞれの表情や行動をていねいに描いていること。一ぴき一ぴきの行動に、ちゃんと理由と背景があるのです。

たとえば十男の「とっくん」に注目してページをめくってきます。

あるときはお母さんと一緒。あるときはおじいちゃんに肩車をしてもらう。あるときは兄弟と一緒に着替えをする。

末っ子の彼を家族みんなで見守る姿がみてとれて、あたたかい気持ちになります。

このシリーズは、とくにきょうだいのいるご家庭におすすめです。

ちなみに、息子の遠足は、当日体調を崩してしまい、残念ながら参加できず。

その代わりに家でお弁当をつくって一緒に食べました。