お菓子の家づくり


クリスマスにはケーキをつくってね。

前から息子にリクエストされていました。
(お菓子屋さんを通るたびに、ケーキを食べたいと言う息子に、
「クリスマスになったらね」とやり過ごしてきたため)

そうね、つくろうね。
何にしようかな・・と考えていると、
とあるお店で「お菓子の家づくりキット」を発見。

これは息子、喜ぶに違いない、と、
ケーキではないけれど、それを作ることにしました。

「それでは、これから、お菓子の家を建築します!」
気合い充分に、家族みんなで作ることに。

息子もお手伝い。
ぐーるぐーるぐーるぐる。

こんなにお砂糖入れるんだよ・・・。
ちょっとずつ食べようね。

キャッキャいいながら、楽しく作っていましたが、
だんだんと息子のつまみ食いがひどくなってきました。

隙あらばパク!ペロ!ベロリ!
チョコレートはまだしも、
粉砂糖に手を突っ込んだり、
まだ焼いていないクッキー生地を食べたり。

お菓子の家のパーツもいつの間にか減っている・・・。

「焼いてない生地なんて食べちゃいけない!おなか壊すよ!」
「やめなさい!」
「もう!そんなんじゃお菓子の家なんて一生完成しないからね」

そして、何度いっても調子に乗った顔でつまみ食いし放題の息子に
「もーーーーー!あっちにいってなさい!」
と怒鳴る始末。

そしてその度に涙目で「もうしない」と帰ってくる息子。

プンプン怒りながらも、
私も母のケーキづくりの傍らで、
ボールに残った生クリームをなめてたなぁ、、と思い出し可笑しくなりました。
目の前の甘くて美味しいものの誘惑には勝てないですよね。

ちなみに、息子のつまみ食いとは全く関係ない要因で、
お菓子の家は見本とはまったく違う、切ない形状になったため、
完成図はアップできないのですが、とても楽しいお菓子作りでした。

最後の組み立てで、「屋根が、、屋根が〜〜落ちる〜〜〜」
と、家族みんなで叫んでいたのもいい思い出です。

来年は自分の実力を考えて、もう少しシンプルなケーキと
型抜きクッキーにしようかなと思っています^^;