おめでとうエクスプレス


中学校のころの友人から結婚式の招待状が届きました。

ここ最近、結婚式に出ることもなくなっていたので、
とてもうれしく、来年のことなのですがワクワクしています。

私が結婚式をあげたのが2006年の11月でした。
ちょうど6年。早いような短いような。

その時に今も印象にのこっていることが2つありました。

1つは、「出席します」のはがきをもらうときのうれしさ。
友人の多くは、招待状がついてからすぐにはがきを返送してくれ、
こちらに驚くほどはやく到着しました。
はやい、ってこんなにうれしいことなんだ、と初めて知りました。

そして、はがきに書かれた文字、メッセージ。
「おめでとう!楽しみにしてるよ」
それを受け取り、とても幸福に感じたことを覚えています。

私は郵便物に対してあまりマメでなく、
はずかしながらそれまでは、招待はがきの返送は〆切近くになってしまっていたことも。

でも、それからは招待状を受け取ったらすぐに、
そして自分なりのメッセージをできるだけたっぷりそえて
おめでとうの気持ちを伝えるために急いで返送しよう、と決めました。

今回は返送までに2〜3にち経ってしまったのですが、
毎日(ああ、、、明日こそだそう)とそわそわしていました。

ちなみに、うれしかったことの2つ目は、
出席してくれた友だちが華やかに可愛く着飾ってくれたこと。
これも、お祝いの気持ちですよね。

11月の秋晴れの日。
友人の幸せを思いながら、自分の結婚式も思い出した一日でした。