現在表示されているページ

 

帰郷


帰郷と帰省という言葉がありますが、
少しニュアンスが違うようです。

帰郷は、故郷にかえる
帰省は、故郷に帰って父母の元気を確認する

まあ、特に言葉としてそんな意識はしていませんが
確かに普段は実家に帰るときには「帰省」と言っています。

先日、長野の親戚のところに行ってきました。
その場所は、夫のお母さんのご実家のあるところ。
おじいちゃんおばあちゃんは他界されていますが、
親戚のみなさんがいらっしゃいます。

夫が生まれ育ったところは長野ではありません。
なので、故郷という言葉が当てはまるのかどうかわかりませんが、

お母さんを形作った土地、
そして、夫も小さい頃よく遊びにいっていた土地、
そして、いつ行っても親戚のみなさんがあたたかく迎えてくださる土地、
ということで、私も長野に行く時には「帰郷」という気持ちがしています。

はとこのお姉ちゃんに遊んでもらって、
別れ際はすこし寂しそうだった息子。

結婚という偶然の出会いにより、今まで行ったこともなかった場所が故郷になる。
今まであったこともなかった方々が、家族のように迎え入れてくれる。
不思議ですが、縁ですよね。

長野に行った帰りにはいつもどっさりお土産をいただきます。

自家製の素晴らしく美味しい梅干し3種類(たっぷり!)
大きな大きなりんご。
畑でとれた大根、菜っ葉、なす。

そういえば、秋茄子は嫁に食わすな、ということわざもありますが、
モリモリ食べてしまいますよ。

多めの油で、ステーキのように焼く。
あつあつを、お醤油かポン酢でいただきます。

お裾分けをしたお友達情報では、
鰹節と、ネギを散らしても美味しいようです。