Warning: Use of undefined constant _aioseop_description - assumed '_aioseop_description' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kotonoca/www/wdps/wp-content/themes/kotonoca_theme/header.php on line 32
 

わるいことば


子どもは変な言葉(親からみるとやめなさい!という言葉)
に対する強烈な興味関心がありますよね。

周りを見渡しても、保育園幼稚園で
そういう言葉ばかり覚えてくる・・・という話はよく聞きます。

息子も先日、帰りに保育園の玄関で
保育園のお兄さんが「わっ 蚊だ!やべぇ!!」と言った言葉を聞き逃さず、

私の顔をみてニヤリ。
「やべぇ」

お兄さんのママが
「ほら、あなたがそういう言葉を言うと小さい子がまねするでしょ!」
と叱っているその横で、

「やべぇ」

「かが! やべぇ」

「じてんじゃ やべぇ!」

「アンパンマン やべぇ!!」

どんどんどんどん活用形を出していきます。
この子天才なんじゃないか?と一瞬思うほどの活用の早さ(笑)
言ったあとは「どう?」というしたり顔。

私は大笑いしてしまいました。

確かに「やべぇ」は親的にはあまりよろしくない言葉ですが、
こんなに言葉にキラメキを感じて、嬉しそうに活用してくれるのなら
それもまたよいのではないかな、と。

まあ親が「ダメ!」と言ってくれたほうが、
よけいキラメキを感じるのかもしれませんね^^;