プータンいまなんじ?:わだよしおみ


プータンいまなんじ

プータンいまなんじ

1984年発売。確か古本屋さんで手に入れました。

プータンが朝起きてから、一日を過ごす様子を
時計の針と時間とともに描かれています。
各ページ共通の指でクルクルと動かせる時計がついた絵本です。

短針と長針がちゃんと連動して動くので、
本物の時計と一緒。
しっかりしたつくりなので、子ども自身がクルクルまわしても大丈夫です。

絵の配色が明るく、プータンや家族の笑顔が幸せそう。
自分で着替えたり、お皿を運ぶお手伝いをしたり、
プータンは小さいながらも頑張って過ごしている様子が
子どもに重なります。

買った当初はそこまで頻繁には読んでいなかったのですが、
ここ最近復活しました。

理由は、息子の「寝かしつけ」に一役買ってくれるからなのです。

息子のことはできるだけ8時半には布団に入れたいと思っています。
保育園から帰って、ご飯をたべて、お風呂にはいって、歯磨きをして、、
バタバタとしていると、いつの間にか寝る時間。
息子は、遊び足りない!と主張をすることが多くなってきました。

「また線路つくってるからね、ねんねしないからね!」
「まだねないってば〜〜〜 ママバイバーイ じゃあね〜また明日ね〜」

それでも無理矢理布団に連れて行くと今までは素直に寝ていたのですが
最近は自己主張が激しく、泣き叫び、根負けして再びリビングに行き30分遊ぶことになったことも。

そんなとき、ふと夫が
「でも時計見てみなよ。もう9時になっちゃうよ?寝る時間だよ」

というと、ふと泣き止み時計を見上げる。
「でもまだ遊びたい」と主張する。

再度夫が
「でも時計みてみなよ。もう9時になっちゃうよ」というと
ふと泣き止み時計を見上げる。

このやり取りをみていて、今こそこの本の出番だ!とひらめき、読み聞かせ。
「プータンいまなんじ?」
「8じはん。ねるじかん すぎちゃった」
のくだりを読み、

「プータンも8じ半には寝るっていってるよ。
時計みてごらん?9時だよね」

と話をすると、「プータンねんねするねぇ〜」と納得した様子。

いつまでこの技が効くのかわかりませんが、
時計、時間、の概念がわかってきた最近にぴったりの絵本でした。

プータンシリーズ、色々出ているようです。

もしもしプータンです
もしもしプータンです

posted with amazlet at 12.07.18
わだ よしおみ
JULA出版局
売り上げランキング: 506230
プータンなんになりたいの?
わだ よしおみ
JULA出版局
売り上げランキング: 812641
プータンどこいくの
プータンどこいくの

posted with amazlet at 12.07.18
おおむら ゆうこ
JULA出版局
売り上げランキング: 498254
プータンおばけだよ
プータンおばけだよ

posted with amazlet at 12.07.18
わだ よしおみ
JULA出版局
売り上げランキング: 472634
プータンとしんごうのパックン
おおむら ゆうこ
JULA出版局
売り上げランキング: 711496
プータンなにかいてるの―かいて・けして・またかける
おおむら ゆうこ
JULA出版局
売り上げランキング: 1134371