先日、実家に帰省しました。

それにしても、みんな変わってない!みんなイイ!
地元の友だちに会うと、いつでもその頃にタイムスリップしたような
うれしい気持ちになります。

もちろん、生活やお仕事などもみんなそれぞれ。
私もユーゴをつれて、しかもブランドを立ち上げたというニュースとともに
みんなに会う事になるとは思いもしませんでした。

私が信条としている言葉の一つに
「今いる道が最良の道」という言葉があります。

たしか、高校の頃の”あちょー”という先生が言った言葉でした。
そのときは何とも思わなかったんだけど、

高校卒業間近、第一志望の大学に落ちて、目の前真っ暗だった私に、
友だちがその言葉をメモに書いて渡してくれたんです。
「フレーフレーカトウ」(私の旧姓です)という言葉と一緒に。

人生にはつねに色んな道があって、
例えば、極端な話、目の前の桃を食べるか、食べないか、だけだって
人生が大きく変わる事があるかもしれない。

でも、それらを経て今がある。
大学のことだって、第一志望のところにうかってたら
まず夫にも出会っていなければ、ユーゴにだって出会っていない。

そう考えると、今ここにある幸せは奇跡的なことなんだな、と。

夫に出会わないことによって、アラブの石油王に見初められて
おかかえマッサージ師さんに囲まれるという日々を逃したかもしれないけど、
たぶんその道を選んでいたら、石油王の寵愛を受けすぎたあまり
地下室に幽閉されて自由を奪われていたに違いない。

今、仮にしんどいことがあっても、
結果的に見たらぜったい最良の道にいるんだ。
だから、胸をはって上向いて歩いていこう。