現在表示されているページ

 


5月5日はこどもの日。
我が家でも兜を飾っています。

この兜は、息子が生まれた年に実家からいただいたもの。

一生ものなのでもっと大きなものを、と思ってくれていたのですが、
そんなに広い住まいでもないので、
できるだけ小さいものを、と無理を言って選んでもらいました。

兜をいただくときに、私が配慮ない言葉を言ってしまったために
両親を傷つけてしまったこともあり、
未だに申し訳なかったなと思っています。

小さな子どもの親になって、
親の気持ちがわかったつもりでいたけれど、
親に対しては、変わらず自分勝手な子どもとして接していたような気がします。
あれから2年たちましたが、まだまだな私です。

小さいけれど、とてもしっかりしたもの。
どこにでも気軽に飾ることができて、かわいくて、
凛としていて、存在感があって。
とても気に入っています。

毎年この兜を飾るたびに、そのときのことを思い出すでしょう。
そしてその度に、自分はまだまだだな、と思うのだろうと思います。