Warning: Use of undefined constant _aioseop_description - assumed '_aioseop_description' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kotonoca/www/wdps/wp-content/themes/kotonoca_theme/header.php on line 32

▶︎▶︎年末年始は12/28(土)〜1/6(月)までお休みをいただきます(詳しくはこちら)

できるようになっちゃった


今週は国立市社会福祉協議会主催のかるがも教室にいってきました。
ベビーマッサージ教室です。

お盆の週ということもあってか、10組くらいと少なめ。
じっくり自己紹介もできました。

毎回この先生は子育てにまつわるいいアドバイスをくださるのですが、

今回なるほどと思ったこと。

自己紹介の中で
「最近寝返りができるようになっちゃって、」というママの言葉があると

「なっちゃてじゃないわよ〜 すごいじゃない!」と。

動くようになっちゃって、とか
色々触るようになっちゃって、とか
歩き回るようになっちゃって、とか

よくママたちはいうけれど、それってすごいいいことなのにね。と。

ママの立場からいうと、もちろんそれはいいこととわかっているけど
目が離せないと何もできない、そんなジレンマが
「できるようになっちゃって」
という言葉になってでてくるのでしょう。

先生は、
そりゃーママのペースでやろうとすると、うまくいかないことも多いわよ、
だから、あかちゃんに寄り添うように育児をしたらいいのよ、と。

実際、時と場合によって難しいこともありますが^^;、
そういう気持ちで接することで、
成長をよりポジティブに感じて、言葉にだすことができる
それはいいことだなと思いました。

あと、先生は「何かできたら、これでもかというくらいめちゃめちゃほめてあげて」と。

それは私も意識してることで、とても共感できました。

保育の勉強を始めたころ、最初にピンときたキーワードが「有能感」
子どもが「自分はできるんだ」と思うことによって、
より積極的に、いい循環でいろんなことに取り組めるというもの。

子どもはそもそも好奇心いっぱい、なんでもやりたがり。
子どもが子どもらしく、興味があることにとりくめるようにするために、

靴がはけたときに
「時間かかりすぎ!」と言われるか
「よくがんばったね」と言われるか。

どちらが子どもの有能感を高めるかは、言うまでもないですよね。

ちなみに、有能感を高めるとは、
目の前にエサをつるしてやる気にさせることではないのです。
難しいけど楽しいことですよね。

****

国立市のかるがも教室のベビーマッサージは、
毎月第2火曜日 10:00〜12:00
〒186-8555 東京都国立市富士見台2-38-5くにたち福祉会館

0歳児が多めだけど、2歳くらいの子もきて楽しんでましたよ。
はじめてきたという3ヶ月の女の子も気持ちよくって最後はすやすや。

おとなりの友だちは、最初からすーすー寝てたので、ねたままマッサージ。

ユーゴは、途中で眠くてぐずりんになりはじめたので、
だっこゆらゆらしながら、マッサージ。

いつ授乳してもいい、泣いてもきにしない、いい場所です。

社会福祉法人 国立市社会福祉協議会
が運営しているということです。詳しくはお問い合わせください。