おかし


sweets_jelly

保育園の先生から教えていただいた息子の様子。

おたのしみ給食(月に1度のお誕生会。すこし豪華)のときに
ゼリーが出たそうです。
準備の段階で、息子はゼリーに目が釘付け。ロックオン。
ずっと見ていたそうです。

そして、いざ「いただきます」。
息子はすばやくゼリーに手を伸ばしたところ、

そして当然みんなから「ちがうよ〜」と一斉つっこみ。
(デザートは最後です)

それを聞いた息子は、
あわてて、すごい勢いでおかずやご飯を
飲み込むように口に詰め込んだそうです。

せ、、せつない、、、
そして、その様子、目に浮かびます・・・

うちの子、どれだけゼリーに飢えているんだろう(笑)

でも確かに、うちではゼリーってほとんどあげたことなかったんですよね。
だから、渇望していたのだと思います。。

最近息子は「おやつ」の美味しさに目覚めたようで
スーパーにいくと何かお菓子をつかみたがり、
絵本を読むとそこに登場するケーキなど見る度に
「たべたいねぇ」(うっとり)

あまり毎度毎度甘いものばかりあげたくないけれど
気持ちを満足させてあげたい。

どうすればよいのかなぁ、、とちょっと悩んでいます。

スペシャルなもの、として、楽しみながら、
色々なものを少しの量ずつあげていけばいいのかな。

ちなみに、小さい頃、ジャンクなお菓子を制御されていた子であればあるほど
大人になってから反動でそれらを食べまくるという話を聞きます。
(身近な男子調べ)

なにごともバランスよく、なのでしょうね。