おやすみ


新年度はじまりの週。
息子にしては珍しく、高熱のため保育園を数日休みました。

熱が高いけれど機嫌はよく、ずっと一緒に歌をうたって過ごしました。
2日間38度〜39度の熱が続き、ようやく解熱。

子どもの体調のことが一番心配で、
はやく元気になって欲しいという気持ちがもちろん一番。
でも仕事のことがやはり気になり、
昼寝の時間や、ちょこちょこ合間をみて
やれることをやりという日々でした。

ありがたいことに、今までほとんど保育園を休んだことがありませんでしたが、
集団生活をしている以上、感染病はもちろん覚悟しなければいけないし
やはり子どもの体調は崩れやすい。

1日で復活しないことも多々。
そうなったときに、旦那さんやご家族と協力しながらみんなギリギリのところで
乗り切っているんだろうなと思います。

2日目、3日目、休みますと会社に電話するときの申し訳なさは
休む本人が一番感じているでしょうし、
4日目、出社するときは実は自分が看病で疲労困憊のことも多いでしょう。

まわりでフォローする人は大変こともたくさんあると思うのですが、
組織であることのよさってそういうことだと思うのです。

もちろん、突然のおやすみに備えて、
仕事をオープンにしておくこと、情報共有しておくことは本人の努力。
友人のワーママにはそういった部分がとても上手な子が多く、さすがだなと思います。

なかなか自分がそういう立場にならないとわからないことってあるだろうし
私も結婚前にはそういう気持ち、わかっていなかったと思います。

だからこそ、会社を形づくる人が、
会社の風土づくり、みんなでフォローできる仕組みづくりをするのが
大事なんだなと思います。

とはいえ、現実はなかなか風当たり厳しい!!という方も多いと思います。
時に自分もあまやかしながら、空気読めないフリしながら、
それでもいろんなことに感謝しながら、
まずはゴールデンウィークめざし(GWもお仕事の方、すいません)
お互いがんばりましょう〜。