現在表示されているページ

 

遠足、その後


遠足の予定のためにつくったお弁当。
かえってきたお弁当箱は見事からっぽでした。

うれしいね。ありがとう。

さて、肝心の遠足ですが、
やはり雪のために予定の公園にはいけなかったそうです。

でも、遠足の雰囲気を、ということで、
2歳児のクラスに乳児(0〜2歳児、4クラス)が集まり、
みんなで園庭にでて、雪遊びをたのしみ、

お昼は大きなホールに集まって、
みんなで大きな輪になってお弁当を食べたそうです。

大きな大きな輪になって食べるお弁当。
スペシャルな体験ですよね〜。

息子も楽しかったようで、

「遠足、どうだった?」と聞くと、

「○○組さんと、 ホールで、 おべんとたべた!」
「かぼちゃとー チーズとー」

等々、しっかり報告してくれました。

こういった予定変更を余儀なくされたときの
保育園の対応、さすがです。

計画をたてる段階で、雨天のときはどうする、というシミュレーションをし
当日の様子に合わせて臨機応変に予定を決めていく。
そして、それを子どもたちにワクワク感をもたせながら
伝えて、一緒に楽しんでいく。

予定通りの公園にいけなくて「えー」という子もいたと思いますが、
きっと最後には大満足できた一日だったのではないでしょうか。

私たち大人の予定でも、
予定通りにいかなことがでてくると「じゃあ今日はもういいか」と
あきらめてしまうことが多いこのごろ。

1か0か、ではなく、より楽しめる方法を模索していったほうが
みんな幸せに過ごせそうですよね。