現在表示されているページ

 

せんろはつづく どこまでつづく:鈴木 まもる


ここ最近での一番のヒット絵本です。

せんろはつづく どこまでつづく

せんろはつづく どこまでつづく

お友達の家で、読ませてもらったのですが、
あまりに気に入ってしまい、息子の「もいっかい!」熱がオーバーヒート。
3回、4回、5回、、ときりがないので
「お友達の家だしもうやめるよ〜」といったら大暴れ。
結局お借りして帰り、あまりに気に入ったのでシリーズを購入することになった一冊です。

ストーリーはとてもシンプル。

小さな子どもたちが、蒸気機関車にのってすすんでいきます。
途中、新幹線や貨物列車、ブルートレインなどと「れんけつ」しながら
どんどん進み、最後にはターンテーブルについて車庫にもどる、というお話。

この本の何がいいかというと、「子どもの遊びの姿」そのものなのです。
線路をつないで、ずんずんすすんで、出会った車両と連結して、、、

シンプルですが、テンポのよい言葉なのでついつい口ずさみたくなりますし、
子どもたちの描写が細やか!
それぞれの子がいろんな役割で作業している姿を追うのも面白い。

読んだあとは線路遊びをしながら、
絵本のフレーズ「かたたんたん」をくちずさみ、
「れんけつだ!」と新幹線と列車を連結させたりしています。

子どもの頭の中をここまで具体的なイメージとして表した本はほかにないのではないでしょうか。

作者の鈴木さんと竹下さんはご夫妻で、このほかにもたくさんの共作を出しています。
我が家が追加で買った、シリーズはこちら。

せんろはつづく

せんろはつづく

こちらは、せんろをどんどんつなげていくお話。
「山があったよ、どうする?」
「あなをほろう、トンネルだ!」

「川があったよ、どうする?」

と、これまた子どもの発想、世界そのまんま。
列車が好きな子にはたまらない、何度読んでも飽きないシリーズです。

親子ともにあまりに気に入ったので、これからゆっくり買い足したいと思います。

つみきを積みあげていくと、何になる?というお話。
ベンチ→??→??

つみきでとんとん

つみきでとんとん

絵を描くのがすきならこちら

そらとぶクレヨン

そらとぶクレヨン

料理好きならこちら

おまかせコックさん

おまかせコックさん