おすしのせかいりょこう(竹下文子)


子どものいる友人宅におじゃまするときには、絵本をお土産にすることが多い我が家。

ただ、いつもいつも不安なのは、
「この本、既にもってるのではないかしら」

ということで、最近はホケンに2冊持って行くようにしています。
我が家にない本を選び、プレゼントしないほうは息子にという方式。

普段は、最初にプレゼントしたいと思った方を見せて、
もっていなければ、そのまま渡すという形だったのですが、

今回は、2冊とも私の中でヒット作だったのて、
「どっちがいい〜?」と選んでもらいました。

1冊目は、「わたしのワンピース」。

わたしのワンピース

わたしのワンピース

2冊目は「おすしのせかいりょこう」。

おすしのせかいりょこう

おすしのせかいりょこう

「日本のおすしをしってるかい?」と、回転寿したちが
普段の回転のレールから抜け、世界を旅してまわる話です。

およげたいやきくん、寿司バージョン。

選ばれたのは、「おすしのせかいりょこう」でした。ということで、「わたしのワンピース」は自宅用に。
これもとてもすてきな本なので今度ご紹介しますね。

絵本は世の中にたくさんあります。
どれもこれも魅力的。もっともっと読みたいです。