災害伝言ダイヤル


今日は国立市では、災害時の「瞬時警報システム」の稼働テストを行ったようです。
市内に設置している、防災行政無線(スピーカー)で、
市内全域に、地震のアナウンスが流れるというもの。

さきほどちょうど
「チロリロリーン」という地震速報のチャイムがなりました。
そのあと、「緊急地震速報。大地震です。大地震です。」
というアナウンスが流れたようです。

市報などで告知しているようですが、
お年寄りなどがびっくりして家から飛び出さないかちょっと心配です。

+++

最近も全国各地で震度5をこえる地震が発生していますね。
もう震度3くらいではおどろかなくなっている自分が怖いです。

でも、ぬるま湯カエルのように、慣れてのほほんとしているうちに
危機感をなくしてしまわないように、しっかり準備、訓練をしておく必要がありますね。

+++

そして毎月1日はNTTの災害用伝言ダイヤルを体験できる日です。
私もはじめてやってみました。

◆伝言の登録手順:
1.「171」をダイヤル
2.ガイダンスにそって、自分の電話番号をプッシュ
3.メッセージを録音

◆伝言の再生手順:
1.「171」をダイヤル
2.ガイダンスにそって、聞きたい電話番号をプッシュ
3.メッセージを聞く。追加もできる。

実に簡単で、クリアな音声が録音できます。
電話番号をキーにしての録音、再生なので、特に暗唱番号的なものもいらず、
気になるあの人の伝言がスムーズにきける、いいシステムだと思います。

災害時に、携帯電話や固定電話がつながりにくくなるのは
けっこう多くの方が経験済みのことと思います。
私も、3月11日都心勤務の夫と電話がつながりにくくなり、
ツイッターなどを駆使して連絡を取り合いました。

だから、何かあったときの集合場所などもそうですが、
こういう伝言の存在や、伝言になにを録音するのか、など
家族で話し合っておくべきだと思います。

今日は12月1日。
地震のあの日からあっというまに師走。

私たちにできることを、継続的に、やっていかなければと思います。