Warning: Use of undefined constant _aioseop_description - assumed '_aioseop_description' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kotonoca/www/wdps/wp-content/themes/kotonoca_theme/header.php on line 32
 

手段


三鷹で行っている小学生対象のワークショップ、先日の開催テーマ。

「もうひとつの ちきゅうをつくろう」。
まず、半円の球体をつくり、そこにコラージュや立体物をつけながら
自分の思い描くもうひとつの地球をつくるというもの。

こんなバラバラの紙たちを組み立てるところから始まります。

ワークショップの仲間、主宰のNさんが
試行錯誤、トライ&エラーを繰り返してできたツール。
Nさんの研究心にはいつも感動します。本当に・・。

この組み立て、子ども達には少し難しい様子。
アシストしながら、「これができて、はじめて地球がつくれるんだよ〜」
とハッパをかけます。

「それ」が目的、ではなく、その先のことをしたいから、これをつくる。
あくまで半円をつくるのは手段なんですよね。

自分がやりたいことを実現するっためには、
武器をいっぱいもっていたほうがいいと思うんです。
そのための手段や知恵を。

卵が先かニワトリが先か、という話になってしまいますが、
やりたいことのために、武器をあつめる、でもいいし、
数ある武器を組み合わせて、やりたいことをする、でもいいし。

きっと息子も将来、「算数なんてやる意味あるの?」などと
きいてくることあると思うんです。
その時にはなんて答えよう、、と、今はうまい伝え方が見つからないので
思いつくまではとりあえず「算数できるとモテるよ」と言っておこうかと思います。