自動レジ


先日大きめのスーパーにいったときのこと。
「自動レジ」なるものを発見したので、使ってみました。

自分で商品のバーコードをかざします。
すると料金が加算されて合計がでるので、お金を入れてお支払い。
実に簡単におわりました。

ひと昔前だと「自動レジ」と聞いたら、なんて近未来的!と思ったかもしれませんが、
今や電車の改札にはじまり、
ガソリンスタンドの料金精算だってバーコードをかざして返金をうけたり、
回転寿司や居酒屋までセルフ、自動の時代なので、さほど驚かなくなりました。

ただ、最近、やんちゃ盛りの息子を連れてスーパーに行くと、
レジのおばさまが「元気ね〜」なんて話しかけてくれたり、
抱っこしていて大変でしょうから買い物かご、
あっちまで持っていきますね、と、運んでくださったり
人だから気づいていただけるやさしさ、ありがたさを感じています。

これからは高齢化も進むと、よりそうした心遣い、重宝されますよね。
便利さ、効率化で人の役割を減らすだけでなくて、
人にしかできないことを考え、シフトしていくスーパーが増えるといいなぁと思います。