Warning: Use of undefined constant _aioseop_description - assumed '_aioseop_description' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kotonoca/www/wdps/wp-content/themes/kotonoca_theme/header.php on line 32

▶︎▶︎年末年始は12/28(土)〜1/6(月)までお休みをいただきます(詳しくはこちら)

こんな日


何をやってもダメな日ってありますよね。

おそらく、テレビの占いをつけると、ちょうど最下位の画面で
自分の星座が出て「ごめんなさーい」と高島アナに言われるに違いない、日。

ちょっと寝坊する
でもバタバタなんとか作ったお弁当を鞄に入れ忘れる
プリンタが詰まる
車の鍵が見つからない
車にのったら事故渋滞に出くわす
買い物したら、精算でかなり待たされた
Adobeの登録が理不尽にうまくいかない
夕飯をつくる気力がなく、買ってきたおかずがイマイチだった
でもスープくらいは作ろうと、しこんでいたら焦げ焦げになった

ほとんどは自分の凡ミス、考慮不足。
それに、天気などの環境要因。
そしてたまたま、ついてないこと。

それらがからまって、暗〜い空気をよびよせて、
泣きっ面にハチがとんできて、よけようとしたら上からタライが落ちてきたような
状態になるわけです。

前置きが長いですが、今日の私のことです。

さらにこんな天気のときは、息子がとっっても機嫌が悪い。
暗い空気がそうさせたのか、イライラが伝わったのか
生まれて一番の機嫌の悪さだったのではないでしょうか。

こういう仕事をしていたり、保育士の仕事をしていると、
子育てなんてお手の物?と思われることも。

いえいえいえ。そんなことありません。
確かに、オムツかえたり、実務的なものは慣れてる分ラクかもしれません。
発達のことはよくわかるし、いろんな子どもも見てきてはいます。
でも、母ということでは新米です。
保育士の友人も言ってましたが、自分の子どもとなるととたんに1対1ですからね。
かなり勝手が違います。

泣き声にイライラし、冷静を保とうと鼓動が速くなることも。
ほうりなげたくなる気持ちになり、少し落ち着かなきゃ、とその場を少し離れることも。

でも、一番泣きたくなるときは、
そんなイライラした気持ちで、仕方なくギャン泣きする息子をぎゅっと抱きしめると
急にニコっとほんとうに安心した笑顔をしてくれるとき。
自分が情けなくなって、ごめんね、ごめんね、と。

小さな凡ミスが続くのは、重大なミスがおこるアラートだと聞いたことがあります。
それを見過ごさず、早めに気力体力を回復させることが大事、ですよね。

こんな日は、いつもは飲まないシュワっとしたコーラを一気飲みでリフレッシュ!です。
ちなみにコーラはコカコーラゼロフリーです(なんとノンカフェインなので授乳中も安心?気休めですか。)