現在表示されているページ

 

はしれ!けい太くん


最近の息子は電車に目がありません。
黄色と黒のストライプをみると必ず「カンカン!」(蜂の絵や、某駐車場の看板ですら)、
何かといえば「カンシンセン」(新幹線のこと)。

意識して電車の話をしたり、絵本をみせたりするからでしょうか、
まわりも1歳をすぎた男の子はやはり電車好きの子が多いです。

おのずと、絵本の中にも鉄道のものが増えてきています。

息子が1歳になったころ、男の子ママ先輩からプレゼントにいただいた本が
写真にもある「はしれ!けい太くん」。

けい太くんとは、西東京の人にはおなじみの京王電鉄をはしる列車のキャラクター。
京王電鉄の系列の書店や、京王線、井の頭線の駅構内の売店で販売をしています。

主人公「けい太くん」は、もともと京王グループのご家族の方が描いたものだそうです。
新宿駅から笹塚、多摩川をわたり、多摩動物公園、高尾山口と、
京王線に乗ったことがある人なら「しってるしってる!」という駅を通過しながら
けい太くんが子どもたちとふれあっていく様子が描かれています。

各鉄道でもこういう絵本、つくってくれるといいのにな〜というくらいお気に入り。

ちなみに次に買おうと思っているのは、もちろん最寄り沿線のこちらです。

ぐんぐんはしれ ちゅうおうせん (のりものえほん)

ぐんぐんはしれ ちゅうおうせん (のりものえほん)

だんだん、息子よりも私のほうが鉄道オタクになっていきそうな予感です・・・。