八百屋の軒先に美味しそうな桃がならんできましたね。

私は桃が大好きで、この季節になるときまって思い出すことがあります。

小学校低学年の頃だったでしょうか、

私には夢がありました。
「桃をお腹いっぱい食べる」という夢が。

そこで、ある日、お小遣いを握りしめてひとり、スーパーへ。
売り場にある4個パックの桃を買いました。

家に帰って、家族に
「これ、ワタシの桃だから」と、鼻息荒く宣言。

そして、その言葉通り、
なんと、その日のうちに4個の桃を一人で食べきってしまいました。

当然お腹が痛くなってウーンウーンとうなるワタシ。
「ほれみなさい」という目をしながら看病してくれる母。

なんという食い意地のはりよう。
今となってはいい思い出です。

今年初めての桃は、
お友達に山梨のご実家からの贈り物としてお裾分けしてもらった桃。
かなりの上物です。お、、おいしそう〜、、、、

あれから25年もたった今ですが、基本的にこの食い意地は変わっていないようで、

夫には「1つもらったよ」といって半分こ。
でも実は、2つもらってました。ごめんね。