現在表示されているページ

 

絵本読みの駆け引き


sleep

今日は絵本の紹介ではありません。

最近意思表示がわかりやすくなった息子。

「寝るよ〜」と言って布団にごろんとさせると、
たいてい「その前に絵本を読んでくれ」という意思表示。

「今日はもう寝る時間だから、1回だけだよ」
「これ読んだら寝る?」

というと、元気よく手をあげます。

でも、読み終わるか終わらないかのころになると
指をたてて頬にテンテン。
「もういっかい、もういっかい!」のジェスチャー。

「あれ?1回だけっていったよね
・・・仕方ないなぁ、じゃあ、本当にもう1回だけだよ」

と、読むと、また終わりのころに
「もういっかい、もういっかい」

そんなやりとりをしていると、だんだん眠くなってきて
そのうちごろんとして寝るのですが、

なんとか絵本を終わらせないために、
最後のページになるとソワソワ、必死(笑)
時には、途中で前のページに強制的に戻してきたりも。

小さなアタマと心で、できるだけ多く読んでもらおうと苦心している
この駆け引きが面白くてつい笑ってしまう私なのでした。