現在表示されているページ

 

でかけてよかった


土曜日は仲間と行っている児童館での手づくり教室の日でした。

カンカンと照りつけるお日様。

出かけるときに迷いました。
車でいこうか、、、はたまた電車でいこうか。

ちょうど息子のお昼寝のタイミングだったので
どちらにしても寝てしまうことは確実。

その場合、車だと止めておろすと起こしちゃってかわいそうだな、、
ベビーカーならそのまま寝せておけるかな、
という親心と、久々の電車だったので息子も楽しめるだろうなと思い
徒歩(ベビーカー)→電車→バスまたは徒歩(ベビーカー) を選択しました。

が、しかし。
出かけて5分で自分の選択を呪いました。
駅までの道が暑い。むしろ熱い。

これはベビーカーにのっていても快適ではないだろうなぁ。
私も汗だく、日差しジリジリ、フラフラ。
それでも息子といえば駅につくころには
すやすや気持ち良さそうに寝ていました。

それで、前置きが長くなりましたが、
結果的には「電車ルートででかけてよかった」
と思えることがたくさんあったんです。

1.行きの電車で
席に座っていると、おじいさまが乗ってきたので
どうぞ、と席を譲りました。
席を譲るってけっこう緊張しますよね。
人によっては譲られるのをいやだと思う方もいるし。
でもそのおじいさま、降りるときに最上級の笑顔で
「ありがとう!」と言ってくださったんです^^

ちなみに息子、行きの電車を降りるとパチっと目覚め
だっこ星人になりました。くー。

2.帰りのバスで
息子とベビーカーをかかえバスにのると、
バスの乗客みなさんが「どうぞどうぞ」「ベビーカーもちましょうか?」
と声をかけてくださるんです。
乗客皆ウエシマさん状態です(言い過ぎ?)
しかも、息子が降りるブザーを最後に押して喜んでいると
みんな温かい目。
やんちゃ坊主をかかえていると、ご迷惑をかけないかと
ヒヤヒヤなんですが、こうやって見守ってくださっているとほっとします。

その他、駅でもベビーカー電車を降りるときにもちましょうか?
と声をかけていただいたり、

本当にみなさんありがとうございました!

12.5キロの抱っこ星人重みに腕をぷるぷる言わせながらも、
今日の選択は間違いではなかったわ〜 と思って帰ってきたのでした。