手遊び


手遊び。
幼稚園や保育園の先生がよくやっていますよね。
支援センターで絵本を読んでくださるかたが読む前の導入に使うことも。

「はじまるよ はじまるよ はじまるよったらはじまるよ〜」や
「とんとんとんとん ひげじいさん」 などご存知の方も多いでしょうか。

手遊び、子どもたちは大好きです。

楽しい歌に合わせて、手を動かし、色んなものに変身できる。
いつもの決まったフレーズ、その後には楽しい紙芝居や遊びが待っている。

期待感で目がキラキラ。

難しそう?と思うかもしれませんが、
音楽やリズムは昔からなじみのある音楽ですし、
やっているうちに自分も楽しくなるので私も大好きです。

息子も最近はノリノリでまねするようになってきました。

これが身体にしみついてくると、
ぐずりそうなときでも、なきそうなときでも
とりあえず手遊びをはじめると
自然と身体が動いてしまうのでごまかせることも(笑)

ひとつポイントとしては、子どもと向き合ってやるときに
鏡向き(右左逆)を意識するといいようです。

子どもたちは向かい合って同じ方向をまねるので
右手をあげるときには左手、
左手をあげるときには右手をあげるといいのです。

最近ではインターネットに色々な手遊びを
掲載してくださっている方もいるので
ぜひぜひ色々探してみてください★