現在表示されているページ

 

はじめてのおつかい(筒井 頼子)


先日ご紹介した、酒井駒子さんの「こりゃまてまて」

めくりやすい厚めのページ、ハードなつくりもいいのでしょう。
相変わらず息子はとても気に入って読んでいます。

この本をみていてしみじみ思うのは、
話の本編以外にもこだわりがたくさんあって、
1ページをずっとみていても飽きない、見るたびに発見がある本って
いい絵本だなぁということ。

そういう意味で、1ページのこだわりがすばらしいのがこちら。

はじめてのおつかい(こどものとも傑作集)

はじめてのおつかい(こどものとも傑作集)

とても有名な絵本。きっと小さいころ読んだ!という方もいらっしゃいますよね。

いつつ(5さい)のみいちゃんが、はじめてお使いにいく、というお話。
ストーリーや、みいちゃんの気持ちのゆれ
見ていてハラハラドキドキ、楽しめます。

そして、ページの中の描写が本当に細やか。

あ!ここに100円落ちてるよ。
ここにねこがいるね〜

一緒にいろんなものを見つけて読むのも
親子にとってとても楽しい時間です。

息子にはまだちょっと早いかな。
3歳くらいからより楽しめると思います。