こりゃまてまて:酒井駒子


こりゃ まてまて (0・1・2・えほん)

こりゃ まてまて (0・1・2・えほん)

動物たちを見つけてよちよちと追いかける子ども。
「こりゃまてまて」  ・・・あ、逃げちゃった
公園などでよく見かけるシーン。

まさに、うちの息子の今の様子をみているよう。

突飛な出来事はおこらないですが、
子どもの好奇心と、その子を包む親の気持ちがあたたかくて
何度でも読み直したくなる本です。

文字数も少なく、シンプルなお話なので
0〜2歳におすすめ。

酒井駒子さんの絵がまたいいんです。

線が複雑なタッチなので、
気に入るかな?どうかな?とおもいましたが
息子は意外とすぐに気に入って、
何度も”よんでくれ”といわんばかりに手渡してきます。

こういう味わい深いタッチの絵が好きになってくれると
母も絵本を買う楽しみが増えます。

さらにこの本は、角が丸みをおびた処理をしているので
小さい子が自分でめくっても安心なので
プレゼントにもおすすめですよ。