ミネラルウォーター


いくつかの箇所の水道水から
乳児の飲用基準を超える放射性ヨウ素が検出された際、
粉ミルクにミネラルウオーターを使う方が多かったと思います。

テレビなどでもやっていたのかもしれませんが
粉ミルクの調乳には「硬水(硬度が100を超えるもの)」は適していません。
「軟水」を手に入れる必要があります。

なぜ「硬水」だといけないのか。
硬水にはミネラル分がたくさん含まれているのです。

この「ミネラル」。
赤ちゃんの成長にも必要なものではあります。
なので、日本の粉ミルクにも含まれています。
ただ、粉ミルクを調乳するのが水道水という前提でつくられているのです。

多くとりすぎると排出する必要があり、
この、排出が、赤ちゃんの腎臓に大きく負担をかけるため
「硬水」は適していないということです。

粉ミルクをつくっている企業でも案内をだしています。

明治乳業
http://www.meiji-hohoemi.com/hohoemiclub/information/info_1103.html

森永乳業
http://www.hagukumi.ne.jp/news/news20110323.pdf

***

ところで素朴な疑問です。
海外のお水は硬水が多いですよね。

海外の赤ちゃんはどうしているのでしょうか?

そもそも海外では水道水を飲まない地域が多いので
その前提で粉ミルクがつくられているのでしょうか。

それとも、母親も硬水を飲んでいるので、
そのミネラルに耐えうるからだということなのでしょうか。

海外で育児をしている友人に今度聞いてみたいとおもいます。