春はもうすぐ


今日も国立は冷たい風が強く吹いていました。
でも、ツイッターをみていると、
「大学通りの桜、ほんの少しさいてるところがあるよ」の声。

春はちゃんと近づいてきてくれているようですね。

国立の”大学通り”や”さくら通り”は、桜がほんとうに綺麗。
最初に引越しをしてきたときも、たしか桜のシーズンでした。

あれから5年。
予想通りのいい街です。

国立のさくらフェスティバル

残念ですが今年は中止。
震災をうけて、節電を考えての苦渋の決断だったようです。

個人的には、節電はしつつ、
電力をつかわなくてもいいイベントは
続行してほしいな、と思ってしまいますが、

大きなイベントになればなるほど難しいこともあるのでしょうね。

私たちも自粛ムードになりがちですが、
こんなときこそ、お花見です。

昼間太陽の光のなかでおいしいものたべて、
それこそ節電になるはず。
街も元気になるはず。

コトノカの新色も春らしい色なので
贈り物に選んでいただくことが増えてきました。

そうそう、”桜色”は国立の桜並木をイメージした色ですよ。