手段


地震発生当日、東京でも電話がつながりにくく

都内で働く夫との連絡がなかなかとれず、
何か良い方法はないかと思案しました。

思い出したのが、Twitter
Twitterにはダイレクトメッセージという
メッセージを送る機能があり、それをためしてみました。

大丈夫?

するとほどなくして返事が。

iPhoneなど、携帯からでもアクセスは可能。
もちろんインターネット接続の環境がなければ
これもできませんが、

いざという時にいくつか連絡をとる手段を
もっておくのは必要だなと思いました。

Twitterのインフラ(環境)は地震時にも強く、
アクセスが集中してもサーバーがダウンすることなく
使えていたようです。

いまは、国立市長や、東京電力
正式な告知の方法としてTwitterをつかっています。

情報量が多いので、惑わされないことが重要ですが、
ひとつの手段としてのTwitter、登録しておくとよいかもしれません。