現在表示されているページ

 

親バカ


デパートの赤ちゃん休憩室での出来事。

自販機で息子にほうじ茶を買い、のませました。
しばらく休憩して、さあかえろう、と息子に靴をはかせると

トコトコトコトコと自動販売機のもとへ。

またいたずらしようとしてるな、、
「だめよー」と言って近寄ると、

背伸びをしておもむろにレバーをぐいっとひき

チャリンチャリンチャリン〜

!?

そうなのです。
その自動販売機は、レバーをおさないとおつりが出ないしくみだったようで、
私は500円を入れて、ほうじ茶を買って、そのままにしてしまっていたのです。

息子に感謝!
もしかしたら天才?と思ってしまったりして
・・・はい、親バカです^^;

親バカといえば、
昔、テレビを見ていると、
女性アイドルが出るたびに
「ひーちゃん(私の呼び名でした)に似てるねぇ」と言われるのが
あまりに多く(だって明らかに似てないのに)、
「そんなこと人前で言わないでよね」と思春期は気恥ずかしかったものです。
今ならそんなうれしい言葉、喜んで受け入れるのになぁ。

でも、わずか1歳の息子に対しても夫は
「○○(俳優)に似てるよなぁ」と、しみじみしながら言うのです。
息子もそのうち、頬を赤らめながら
「・・・そんなことあんまり言わないでよ」などと言うのでしょうか。

そんなありがたいこと言ってくれるのは親くらいなものですよね。