現在表示されているページ

 

雪の後遺症


雪の影響もあり、夫は今朝の通勤がとても大変だったよう。
電車もたびたび止まったようです。本当におつかれさまでした。
昨夜は特にひどかったようですね。

そして、ニュースを見ていると東名高速も大渋滞だったとのこと。
車の中で夜を過ごした方もたくさんいらっしゃったそうです。
ガソリンの残量を気にして暖房をつけられなかった方もいるのかも、
と思うと心が痛みます。

地震や台風のときに如実に感じることですが、
これだけ文明が進歩しても、やっぱりまだまだ自然の脅威に人間は無力。

先進国である日本の、しかも東京に暮らしていると、
ついつい鈍感になってしまいがちですが、
自然に敬意を持って暮らすこと、とても大切だと思います。

自分の子どもにも、こういう感覚を養ってもらいたい。
そう思うと、やっぱり普段から自然に接することのできる暮らしをしたいなあ、
なんて思ってしまいます。

レイチェル・カーソンさんという、既に鬼籍に入っている有名な生物学者がいます。
彼女の書いた「センス・オブ・ワンダー」という本を読むと、
子どもが自然に対していかに敏感で、
そして特別な目と驚きを持っているのかとてもよくわかります。
そんな環境を子どもに与えてあげられたら。

と、言いつつ子どもの頃の私はずっと東京に憧れていたんですよね。
やっぱりないものねだりなのかしら。