Warning: Use of undefined constant _aioseop_description - assumed '_aioseop_description' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kotonoca/www/wdps/wp-content/themes/kotonoca_theme/header.php on line 32

断捨離(ダンシャリ)


最近の実用書の売れ筋の中に、「断捨離のすすめ」という本があるようですね。

ダンシャリ。

”断”行、”捨”行、”離”行という、心の執着を手放す行法哲学から来ていて、

「不要・不適・不快」なモノを断ち、捨て、離れること、その過程の中で、「モノと自分の関係を問い直すこと」

ということだそうです。

私は、けっこう捨てられないタイプで、

*いつか着るだろうの服
*使いかけで、少しづつ残った化粧品
*お風呂の中で読み返したい本

などがたまっていってしまいます。

でも、
結局着る服って気に入った同じものばかりだったり、
化粧品もついつい新しいものを手に入れてしまったり、
本棚があふれて、結局どこにあったっけ?となってしまったり。

本当は不要な物を、残しておくことで、「つかっていない」罪悪感から逃れているのかもしれません。

ということで、、思い立ったら吉日!
暑いので、もっともっとすっきりさせたい、という気持ちも後押しして、

昨日今日で普段目をそらしていた、クローゼットや引き出しの中を整理することに。

すると、でてくるでてくる不要なもの。

まず、賞味期限の過ぎた食品、調味料類。
いつか食べるかととっておいたお餅。
いつか飲むかとおもっておいてあった、お酒。
5年も前に買った口紅、しかも折れてる。
5年も着てないけど、気に入って買ったからという理由でとってあった服。
何かのために、ととっておいた、パソコンの段ボール。
欠けてしまってみすぼらしい姿になっていた食器。
毛玉だらけの靴下。

いろんなものを思い切って捨てました。
断捨離的にはまだまだ捨てるべきものはたくさんあるんだろうけど、
第一弾、完了です。

捨てれば捨てるほど、どんどん捨てたくなる。
自分に本当に必要なものが見えてくる、ということなんですね。

これは、モノを大事にしない、ということではないんですよね。
確かに、今回捨てるということは罪深いことかもしれない、けど、
その罪深さを知り、残ったものしっかりつかっていくようになり、
これから新しく何かを買うときには、もっと熟考するようになるんだと思う。

ゴミ袋数袋になりました。
とてもスッキリ。