年賀状


お正月といえば年賀状。

昔、子どものころはポストに届く年賀状が楽しみで楽しみで。
父が、届いた年賀状をそれぞれに仕分けしてくれるのが恒例で
部下や同僚からたくさんの年賀状が届く父の山がどんどん高くなるのが
うらやましくてしかたありませんでした。

毎年この季節に思うのは、
普段まったくといってよいほどやりとりがないけれど
年賀状だけは毎年やりとりしている人の存在。

なんとなく不思議な感じもしますが
毎年1回、定期的にその人の近況が知ることができるのが
なんだかとてもいいものだなぁと思います。

筆マメでもなかった私といまだにやり取りしてくれているくらいだから、
きっと私が途切れてしまった旧友とも未だやりとりしているんだろうなぁ。

文字にはその人らしさがにじみでますよね。
メールでの便利で即時性のあるやりとりがほとんどの日常ですが、
時には手書きの文字もいいものです。
年賀状というすてきな習慣、これからもずっと続けばいいな、と思います。