Warning: Use of undefined constant _aioseop_description - assumed '_aioseop_description' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kotonoca/www/wdps/wp-content/themes/kotonoca_theme/header.php on line 32

救急救命


目の前で人が倒れていたとして
すぐ近くにAEDがあったとして
適切にAEDを使用すればその人は助かるとして
それを使いこなして目の前の人を助けることができる人、
どれくらいいるでしょうか。

案内にそって使えば簡単、とはいいますから、
使いこなす、というより、使えると自信をもって言えるかということかもしれませんが。

+++

毎月1度集まっている、同じ月齢の子どもをもつ会で
消防署にお願いをして救急救命講習を受けよう!という話になりました。
特に誤飲など、子ども向けのものを中心に、
まさに「いざ」というときのために
我が子を救うための知識と実践を得るために。

国立市はこのようなグループで申し込めば
無料で出張してきてくださるようです。
他の市町村でも同様ではないかな?
出張ではないけれど、個人での申し込みもできるところも多数あります。

有料ではありますが、日本赤十字社の「幼児安全法」という講習は子ども同伴可能でも参加できる会もありますし、しっかり教えてくれそうです。

「いざ」の時は予告してはきてくれないから。
何もないときにこそ、できることをしっかり身につけておく、大切ですよね。