現在表示されているページ

 

梅雨の時期。今年は部屋干しの救世主「室内除湿機」が大活躍!


bsPP_ameninuretaajisainohana

雨の季節。どんどんと溜まる洗濯物。

子供が小さい家では特に、1日お洗濯をしないだけで山のように洗濯物がたまり気が滅入りますよね。

湿度も高く汗もかく季節。シーツも洗濯したいのに…と不快感がつのります。

部屋干しをするしかないのだけど

外に干せないとなると、部屋干しか乾燥機。

我が家でも乾燥機をフル活用していますが、それでも足りない時やどうしても乾燥機にかけたくない衣類もあります。

そういう場合は、仕方なく部屋干しです。

生乾きのあの臭いがイヤ

梅雨の時期の部屋干しは乾きが遅い。

時間をかけてようやく乾いたと思ったら、いやな臭いがしてもう一度洗い直しという悲しい結果になることも。

部屋の景観がよくない

そして、部屋干しは場所もとります。

部屋干し専用の部屋が確保できれば良いのですが、そうもいかない狭い我が家。

気がつくといつも目の前に洗濯物。美しくありません。

早く乾く。目に入らない場所で。

そこで、今年はこちらを購入しました。

DSC_0396

除湿機です。

一晩でカラッと乾く!

驚いたのが乾きの速さ。

夜に洗濯して、一晩除湿機をつけておくと、たいていのものは朝には乾いています。

臭いのもとになるカビ・細菌を増長させる湿気をすばやくとるので、衣類に嫌な臭いもありません。

脱衣所に置いて、お部屋もスッキリ。

そして置く場所は、お風呂場の脱衣所です。

つっぱり棒を渡して、そこにハンガーにかけて干します。

DSC_0296

脱衣所の狭さでさらに効果を発揮して、除湿機も効率的に動作。

お風呂のカビ対策にもなり、良いことづくしです。

コンプレッサー式?デシカント式?

除湿機を選ぶとき、どんな方式で除湿をするかという種類を選ぶ必要があります。

コンプレッサー式

空気を冷やし、結露のような状態を作り水滴をタンクに貯めていきます。

気温が高くジメジメとした梅雨・夏に強い方式で、消費電力も少なくすみます。

逆に冬場は能力が落ちます。

デシカント式

乾燥剤に吸着した水をヒーターであたためることにより、水滴をタンクに貯めていきます。

季節問わずに使えます。ただ、ヒーターを使うのでコンプレッサー式よりも電気代はかかります。

部屋の温度が高くなるので、人がいる場所には向きません。

どちらも兼ね備えた、ハイブリット式というのも出てきているようです。

我が家は、花粉対策で年中部屋干しをすることがあること・脱衣所で利用するので気温上昇問題ないことからデシカント式を選びました。

アイリスオーヤマ 衣類乾燥除湿機 デシカント式 除湿量 2L DDA-20

アイリスオーヤマ 衣類乾燥除湿機 デシカント式 除湿量 2L DDA-20

毎日のことだから、快適を求める

そして、買ってみた後に私を喜ばせているのがこちら。

DSC_0398

DSC_0400

タンクに溜まった水を捨てる瞬間がたまらなく嬉しいのです。

こんなにも除湿したのか…と水を捨てるたびに幸せを感じています。

部屋干しに不満のある方には是非、おすすめです!

今までは目に部屋干しの光景も仕方ないと妥協をして過ごしてきましたが、工夫とグッズ次第で本当に気持ちよく過ごせるようになりました。

他にもこういうこと、あるかもしれませんね。

洗濯、食事、掃除。毎日のことだからこそ、もっと気持ちよくできることはないか目を光らせていきたいと思います。

DSC_0206