現在表示されているページ

 

断乳。おっぱいに絵を描いて言い聞かせる理由。断乳1〜3日の反応レポート


断乳の方法は色々ありますが、おっぱいに動物やアンパンマンの絵を描くという方法をする方は多いようです。

次男は1歳10ヶ月で断乳。

絵を描く言い聞かせをどのようにしたか。子供がどのように反応したか。

経過を追ってご紹介します。

断乳前。変身するよ、と予告する

1週間くらい前から言い聞かせをしました。

◯◯くん、お兄さんになったからもうすぐおっぱいが出なくなるんだよ。

おっぱいが出なくなるときは、アンパンマンに変身するんだって。

1日1回だけ、さらっと言い聞かせます。

次男はウンウンと頷いたり、首をふってみたり。

言ってることはわかるけど、理解はしていないのかな?という感じ。

穏やかに話を受け入れています。

断乳当日。最後の授乳後、絵を描く

最後の授乳は朝。

これを飲み終わったらおっぱいにバイバイしようね。

そう言うと、次男は素直に受け入れてさよならをしました。

私はトイレに入り急いで絵を描きます。

12353400 1684950998452647 407503791 n

助産師さんからのアドバイスによると、しっかりと黒く塗りつぶして飲めないものと思わせるのがポイントだそうです。

断乳直後→ニヤッと笑う

なんだか面白いものが描いてあるぞ、とニコニコしています。

おっぱいが出なくなるという意味は、理解できていないのでしょう。

断乳3時間後→不安そうな顔

当然、という顔で「ぱっぱい ちょうだい」と次男。

やはり理解していませんでした。

もうでないんだよ〜。変身したでしょ。みてみる?と言うと、ウンというのでめくると…

顔を曇らせました。そして、あきらめたようです。

断乳5時間後→お昼寝。泣く。

普段は保育園なので、トントンと背中をさすられて寝ているはずの次男。

家では、おっぱい以外で寝かせたことがありませんでした。

ここで再び「ぱっぱい ちょーだい」。

無いんだよ〜 みてみる?と見せると、号泣。

そのまま、号泣を続け寝てしまいました。

断乳8時間後→笑う

昼寝後。兄である長男が「おっぱいみせて」とやってきます。

私がおどけてヒョイヒョイと言いながら片方ずつだして見せると、次男も一緒におおはしゃぎ。

大笑いしていました。

断乳12時間後→怒る

「ぱっぱい みたい」というので見せると、怒り出しました。

断乳15時間後→目をつぶって飲もうとする

一番の難関、夜の寝かしつけ。

おっぱい以外で寝かせたことがありません。

どうしようかな…と思っているとやはり授乳を求めてきました。

「もうお兄さんになったから、変身したんだよ」そう言って見せると…

次男は目をつぶって飲もうとしたのです。

もうでないんだよ…とやんわり拒否をすると、大泣き。

しばらく泣き叫び、私を蹴飛ばしながら力尽きて寝ました。

断乳2日目。やはり何度も確認してくる

2日目は1日目ほどではないものの、やはり何度か確認しては残念そうな顔をしたり怒ったりしていました。

やはりこの日も寝かしつけ時には号泣。

断乳3日目。確認は1回のみ

3日目は保育園の登園日。

それもあって、確認は夜1回だけ。

確認したときは「あ〜あ…」という反応。

この日も寝かしつけ時には号泣していましたが、絵を確認することはありませんでした。

断乳で絵を描く意味ってなんだろう

4日目には確認をすることはなくなり、断乳を受け入れてきた様子。

断乳は子供が望んで授乳を終わらせるわけではありません。

子供には断乳をする理由がない。

絵を描くことは、そんな子供に「おっぱいが飲めない理由」をつくるという意味があるのだと思います。

経過をみていると、いろんな感情の中で頑張ってくれているなぁ…と切ない気持ちになります。

でも授乳以外のコミュニケーションだってたくさんとれます。

私もそれを楽しんでいきたいと思います!