妊娠出産をリアルに描いた「コウノドリ」が面白い。その他、妊娠出産にまつわるおすすめ漫画をご紹介します


綾野剛さん主演のTBSのドラマ「コウノドリ」を見ている方、どれくらいいるでしょうか。

妊娠出産話が大好きな私。ドラマだけでなく、原作本11巻も見つくしました。

コウノドリ コミック 1-11巻セット (モーニング KC)

本当におすすめなので、その魅力を3つ語らせていただきます。

そして最後に、その他のおすすめ妊娠出産漫画本も3つご紹介します。

コウノドリとは、産科医「鴻鳥サクラ」先生の名前。

周産期母子医療チームをもつ総合病院の産科を舞台に、色々な妊婦とその家族を描いたお話です。

魅力1:妊婦あるある、がつまっている

早産・前置胎盤・切迫流産による数ヶ月に及ぶ入院生活・出血多量による母体の生命の危機。風疹罹患による障害リスク・死産出産・望まない妊娠…。

出産をする前は、そんなに次々と問題なんてないでしょうと思っていました。

産後のママたちは、みんな何事もなく暮らしているように見える。

でも妊娠も出産も奇跡の積み重ねなんですよね。

生命の危険と隣合わせ、それでも育みたい命があることを再認識できます。

魅力2:リアル。きれいごとで解決していない

ドラマや本の中には、明らかに視聴者を泣かせようという思いが透けて見えるものがありますが、これは違います。

物語の展開も、選んだ決断も。いい話にまとめようという意図がみられません。

だからこそ、心に響く。今の日本の産科医療の、現在進行形の問題としても考えさせられます。

魅力3:新生児をたくさん見ることができる

そしてコウノドリには、新生児がたくさん登場します。

ドラマにもよくこんなに小さい子たちを用意できたというくらい、生まれたての赤ちゃんたち。

その姿に癒やされるだけでも、一見の価値ありです。

生まれてくれた、それだけで十分

小さな新生児の姿を見ていると、出産の日を思い出します。

成長していく子どもを見ていると、どんどん欲張りになってしまう。

でも、生まれてきたことだけに感謝した日のことは忘れないようにしたい。

元気に反抗してきてくれる今に感謝しないといけないなと思います。

そして鴻鳥先生が「お母さん、がんばりましたね」と言ってくれると、まるで自分が褒められたような、ちょっといい気持ちになれます。

公式オンデマンドで、前話が無料で見られます 

「コウノドリ」が気になってきたという方。放送は金曜日の22時からです。

TBSオンデマンドで、放送後〜翌週の放送までその回を視聴することができます。

▶TBSオンデマンド

コウノドリ第5話 「少女が母になる」

子どもが小さいと、なかなか決まった時間に見ることができませんから、私はいつもこのオンデマンドで見ています。

画質も綺麗で見やすいですよ!

妊娠出産、漫画いろいろ

妊娠出産を描いた漫画は他にも色々あります。おすすめ3つもご紹介します。

ゆるキャラ作者の笑える妊婦本

トリペと―妊婦、はじめました

トリペとー妊婦はじめました コンドウアキ

リラックマの作者のコンドウアキさんのゆる〜い妊婦・子育てを綴ったエッセイ。

一通りのことが網羅されているので、はじめての妊婦さんにおすすめ。旦那さんに読んでもらうと、妊婦の気持ちの理解が深まってよいです。

ホームページでは、今は8歳になった娘・トリペちゃんの様子がダイアリーとして公開されています。

→コンドウアキWEB akibako

もし男性が妊娠したら?

ヒヤマケンタロウの妊娠 (BE・LOVEコミックス)

ヒヤマケンタロウの妊娠 (BE・LOVEコミックス)

辛いつわり、夫に代わって欲しい!そう思ったことがある方も多いのではないでしょうか。

男が妊娠するようになって10年。といっても、女性の妊娠の10分の1の確率の男の妊娠はまだまだ偏見がある時代が舞台。

エリートサラリーマンの男性が、妊娠をどう受け入れ、出産していくのか。イクメンならぬウムメンのお話です。

吉田戦車が親になったら

まんが親 1―実録!漫画家夫婦の子育て愉快絵図 (ビッグコミックススペシャル)

まんが親 1―実録!漫画家夫婦の子育て愉快絵図 (ビッグコミックススペシャル)

シュール漫画「伝染るんです」が大好きな私にとっては、作者の吉田戦車さんがどんな父親になるのか、とても興味深かったのですが、意外と普通にいいお父さんでした。

普通というか、かなり協力的で羨ましいくらいです。

ちょこちょこと挟む小ネタがじわじわと笑える。そして、後で思い出してニヤニヤしてしまいます。

奥様は漫画家の伊藤理佐さん。二人の会話が面白くて、いい夫婦だなぁと思います。

いかがでしたでしょうか。

妊娠出産は奇跡の積み重ね。そして、今まで体験したことのない、非日常の日々。

出産をしてしばらく経つと、本当にお腹の中に入っていたのか不思議なくらいです。

笑って泣いて明日からも頑張ろうと元気がもらえる妊娠出産の漫画。おすすめです。