現在表示されているページ

 

子どもが園でケンカをしてきた、親はどうする?


5歳長男。たまに友達とケンカをしたと言って帰ってきます。

ケンカといっても、貸してくれたブロックをやっぱり返してと言われたとか、そうこうするうちに「じゃあ仲間に入れない」と言われた、とか。

相手は忘れているようなことでも、本人は気持ちが収まらない。

特に、その場で言いたいことが言えなかった日の機嫌の悪さといったらもう大変。

DSC_1868

必要なのは共感。わかっているのに、なぜできない?

この時に親の対応で大切なことは「共感すること」だと言います。でも、周りに当たり散らす息子を見ていると、イライラしてくる私。

つい、こんなことを言ってしまいます。

  • 悔しかった気持ちもわかるけど、その態度はないんじゃないの?
  • グズグズ文句ばっかり言ってないで、本人に言い返しなよ。そもそも、自分の言い方はどうだったの?
  • 「仲間に入れない」って言われるなら他の子と遊びなよ

正論です。でも、こうして文字に起こすとキツいですね…。

ケンカで嫌な気持ちになっているのに、さらに私に叱られているかわいそうな息子。

他人の子どもにならもう少し冷静に言えそうですが、どうして自分の子にはきつくあたってしまうのでしょう。

うちの子、このままで大丈夫なの?

背後にあるのは、親としてこの子をどうにかしなければという焦り。このまま成長をしたら困るだろうという漠然とした不安。

  • 悔しい感情を発散するのに、人や物にあたる子になってしまったらどうしよう。
  • 言いたことがあるのに、言えない子になってしまったらどうしよう。
  • せまい人間関係にこだわって、仮に将来いじめられたときに、そこから抜け出せない子になってしまったらどうしよう。

心配です。

ただ…息子は周りにあたるのはよくないと、わかっている。言いたいことがあるのに言えないから、悔しがっている。人間関係の基礎になる、好きな友達との関係をつくりあげている最中。

そう考えると、私が発した言葉では解決しないのは明らかですよね。

私の思いを発散するだけの言葉。しかも、言った後にはお互い余計にイライラするという悪循環。

頭でわかっていても感情が追いつかない。それって、息子も一緒なんだろうな。

息子には幸せになってほしい。究極にはそれだけなのですが、つい自分の思うような形に当てはめたくなる。

まったく、子育ては毎日が反省の繰り返しです。

子どもの気持ちがほぐれる対応

そんな試行錯誤の中、息子がほっとした顔をする対応を1つ発見しました。

それは、私が憤慨してみせること。

「なにー!?そんな事言うの??許せない!え?もう一回聞かせて。それは悔しいなぁ、どうしてそんなこと言うんだろう!」

息子が驚くくらいオーバーに言うのがポイント。今までしかめっ面をしていたのに、嬉しそうにママ、もう一回怒ってみて、と言われます。

「わかるよ」という共感以上に、100%自分の味方になって怒ってくれているというのがいいんだろうと思います。

笑顔になってから「◯◯くんと、また仲良くなるためになんて言おうか」と言うと、比較的素直に話をすることができます。

そして、この対応のほうが「実は自分もこんなこと言っちゃったんだ」と息子が冷静に振り返ることができるようです。

園の先生にはさらっと「お友達とケンカしたみたいです」と伝えるようにしています。すると、たいていは解決してスッキリとした顔で帰ってきます。

けんかのきもちは、おわってない

最後に、子ども同士のケンカの気持ちがよく表現されている絵本があるのでご紹介します。

けんかのきもち (からだとこころのえほん)

表紙のこの悔しそうな顔!なかよしの友達とケンカをした男の子。相手がごめんと謝ってくれたけど、けんかの気持ちはまだおわらない。

子どもにとっては、ケンカの気持ちはちゃんと終わるんだと思える。親にとっては、ケンカを思い切りできる友達がいるって幸せだなと思える一冊。

4歳ごろから小学校低学年のお子さんをもつパパ・ママにおすすめです。