現在表示されているページ

 

【開催レポート】ママのための快適なカラダづくり講座(6/18)


参加者は、妊婦さん〜幼稚園ママ

2015年6月18日(木)に開催した「ママのための快適なカラダづくり講座」。とても好評でした!

今回参加のママは、産前〜産後5年くらい。

「妊婦ですが参加してもいいでしょうか?」「産後しばらくたっているのですが…」お申込みの時に、不安をおっしゃっていた方も。

もちろん大丈夫です。『気づいたときが、はじめどき』が講師大林さんのモットー。

身体はいつでも変わる、変えられる。一生つきあっていく身体ですから、はじめる時期に遅すぎることなんでないのです。

講座風景

妊娠中から産後にかけて、身体はどう変わる?

妊娠してから、めまぐるしく変わる女性の身体。中はどんなことになっているのでしょうか。

模型

Kouza6

意外と意識したことのなかった、子宮の位置、そしてペリネ。講師自作の模型をつかって、説明しました。

講座では、自分のペリネを触ってもらいます。

出産を経験していない旦那さんとくらべてみると、その違いに驚くはず。

身体の変化を知ることで、なぜ「産後無理をしてはいけない」と言われるのか、「無理」とはどんな姿勢か、を理解できます。

産後の引き締め、間違ったことしてませんか?

参加者から驚きの声が出たのが「腹筋はNG」という言葉。

腹圧を下にかける腹筋運動は、ペリネや腰にとって大きな負担となり、子宮脱や尿漏れを助長することも…。

身体の構造を知れば、納得。間違った身体ケアから抜け出せます。

お子さんも、一緒に参加してくれました

Kouza1

今回、10人くらいのお子さんも一緒に参加してくれました。

講座中、ママと一緒に授乳しながら参加する子、すやすやと眠る子、キッズコーナーで遊ぶ子とさまざま。

子どもたちが他の方のところにおじゃましてもお互い様。いい雰囲気の中、講義をすすめることができました。

キッズコーナーを前に設置するのは、講師のこだわり。

講座に聞き入りながら、子どもの様子をチラっと確認できて安心です。

知ってますか?抱っこ紐の正しいつかいかた

Kouza8

講座終了後は、講師へ自由に質問できる時間をとりました。

ほっとした時間にどんどんでてくる皆さんからの質問。カラダの悩み、子育ての心配ごと、色々な共有ができる、いい場となりました!

その中でも皆さんの関心が高かったのが「抱っこ紐の正しい付け方」。

間違った付け方をしているために肩こり・腰痛に悩む方も。でも、ちょっとした紐の調整でカラダへの負担が驚くほど減ります。

付け方・外し方については、大林さんのブログでも紹介しています(記事はこちら

好評につき、同様の講座を7月8日(水)に開催します。

詳しくはこちらからお申込みください(お申込みはこちらから