長野のひいおばあちゃん


夫の祖母に会いに長野まで行ってきました。
息子にとってはひいおばあちゃんと初めての対面になります。

もう九十を過ぎ、だいぶ物忘れも多いようですが、
とてもうれしそうに出迎えてくれました。

なにかにつけては、
「こっちにいらっしゃい」と息子を呼び、
そして必ず、
「あらまあ、こんなに重いのね」と感嘆してくれます。

その言い方がおかしくて、優しくて、
聞いている私もとても幸せな気持ちになりました。

帰りには伯父さんから野菜のプレゼント。
近くの畑で育てた無農薬のものを、
車のトランクに入りきらないぐらい入れてくれました。

白菜、ねぎ、かぼちゃ、大根、かぶ、冬菜、などなど。
言葉に偽りない、本当にトランク満杯の野菜たち!

食べてその美味しさにびっくりしました。
どれも、その野菜そのものの味がしっかりしているので
そのまま茹でる、蒸すだけで十分。

大根はもちろん立派な葉っぱつきなので、
帰ってからコンロをフル回転させて、葉っぱ類を湯がきました。
冷凍保存をして、しばらく色々な料理に活用したいと思います。

うちの実家が栃木、夫が埼玉なので、
第3の実家ができたような気持ちです。
このご縁に感謝!