現在表示されているページ

 

オレと弟、どっちが好き?と聞かれたら


5歳と1歳の兄弟。4歳差でも、やっぱりヤキモチはすごい。先日は、「オレ(兄)と◯◯くん(弟)、どっちが好き?」と聞かれました。

…こんなとき、どう答えるのがよいのでしょう。

半年たって、ヤキモチを表した長男

次男が生まれたころ。弟ができた喜びで毎日はしゃぐ長男。ヤキモチもあまり表に出しませんでした。

でも、生後半年くらいから、少しずつイライラ。そしてある日の授乳中、長男がとびかかってきました。

とっさに「◯◯くんが痛いでしょ!」と次男をかばった私。すると長男は大泣き。私を叩きながら、

「いつもママは◯◯くんばっかりにやさしい!オレだってぶつかって痛かったんだよ!!」

たまっていた感情が爆発した、そんな出来事でした。

その日から「◯◯くんはずるい!」「オレも抱っこして」と言葉で伝えてくるように。

気持ちを素直に出せるようになったことに、かえってほっとしました。

そして、次男が1歳になる現在。

自己主張が強くなってきた弟に、よりライバル心を感じているようです。

ヤキモチ

「あなたが大好き」をどう伝えるか

「オレ(兄)と◯◯くん(弟)、どっちが好き?」

もちろん比べられるものではありません。

長男のことがどれだけ好きか、一所懸命伝えました。

次男が生まれて次男のことも好きになったけど、それによってあなたへの「好き」という気持ちは減ることはないんだよ、と。

どうして質問したのかを考える

そのあと数日間、自分の答え方がよかったのか、すこしモヤモヤ。

なぜ、あんな質問をしたんでしょう?次男ばかりを相手にしているように感じて、すごく寂しい気持ちになったからですよね。

長男にとっても次男は大切な存在。だけど「どっちが好き?」と聞きたい気持ちになった。

それであれば、言葉だけでなく行動で示さないと。

行動を変える

まずは夜、次男をとにかく先に寝かせるようにしてみました。

その後は、家事はせずに長男が寝入るまで向き合う。少し寝る時間が遅くなってしまいますが、今はそれよりも大切なことがある、と腹をくくりました。

そして、長男ならではの役割をつくりました。料理の手伝いです。玉ねぎの皮むき。人参の皮むき。炊飯スイッチを押す。

弟にはできないことを、自分はお手伝いしている。その優越感で、今のところ機嫌よくやっています。

このとき、「お兄ちゃんなんだから、わがまま言わずに手伝って!」ではなく、「ママを助けてくれてありがとう。こんなことができるなんて、さすがだね」という気持ちを伝えるよう心がけています。

それから、抱っこをせがむことが多い朝。次男はできるだけおんぶして、長男のために両手をあけるようにしました。

子どもが一番求めているもの

ヤキモチをやく長男が一番落ち着くのは、抱っこ。

20キロ近くあるから大変です。次男を右側で授乳しながら、左側で長男を抱っこして倒れそうになっていることも。

それでも気持ちが収まらずに次男を押しのけ、結局兄弟2人とも大泣き。私も泣きたくなることも、まだまだあります…。

でも、これほど子どもに必要とされることは、この先あまりないでしょう。

実家の母に、私のことをいつ頃まで抱っこした記憶がある?と聞いてみました。幼稚園のころまでは覚えているけれどその先は…思い出せないなぁと。

そう考えると、抱っこ抱っことせがむのもあと1年なんですね。この重みを噛み締めておこうと思います。