現在表示されているページ

 

スタッフ一押し、離乳食&わらべうたの本を発売開始です


今年から絵本の販売をはじめたコトノカ。今回、スタッフが自信をもっておすすめする育児の「実用書」を販売開始しました!

赤ちゃんとお母さんのための おいしい離乳食(著:野口真紀)

Book babyfood overview

赤ちゃんが生まれて半年たつころになると気になるのが離乳食。

何をあげたらいいの?食べてくれるかな?そんな漠然とした不安をとりのぞいて、気楽に楽しもうと思える本です。

手間がかかって難しそうなイメージがある離乳食。でも野口真紀さんのつくる離乳食は、どれもとてもカンタン。そして可愛い。そして、子どもが喜んでたべやすい形や彩りなんです。

Book babyfood open2

この本では、離乳食の基本からはじまり、親子でとりわけできる調理法、同じ食材を月齢ごとにアレンジと多様なレシピを紹介。

気になるアレルギーや歯の成長にかかわるQAや情報も充実しています。

また、「赤ちゃんがいるともっと楽しい」と名付けた、食器やおやつについてのコラムもあり、読み物としても面白いんです。

ただのレシピ集ではなく、育児の読み物としてそばにおいておきたい一冊です。

■赤ちゃんとお母さんのためのおいしい離乳食 1404円(税込)(商品ページはこちら

あかちゃんのごきげんがよくなる 12のわらべうたえほん(小林衛己子)

Book warabeuta overview  1

2つ目は遊びのレシピ。「わらべうた」とは昔から伝えられてきた子どものあそび歌です。

生まれたばかりのまだ反応が薄いあかちゃん。おいかけっこもできません。

でも、そんな、ねんねの時でもたくさん遊べるんです。

わらべ歌の優しいリズムは、あかちゃんに安心と喜びを与えます。

歌って、ふれあうことで、不思議なことにお母さん自身も、あかちゃんをより愛おしく思えるのです。

Book warabeuta open1

紹介するわらべ歌は、歌ともいえないようなカンタンなフレーズばかり。

「じーじー ばあ!」…なんと、これで1曲です。

でも、それがあかちゃんには大受け。かわいいイラストで歌にあわせた動きも説明しているので、とてもわかりやすいです。

0歳〜1歳くらいにおすすめの本ですが、5歳くらいの子でも大喜びしますよ。

■あかちゃんのごきげんがよくなる 12のわらべうたえほん(編:小林衛己子) 1296円(税込) (商品ページはこちら