▶︎▶︎発送・お問い合わせについてご確認ください:8/11日(金・祝)〜8/16(水)まで夏季休暇をいただきます

フランス子育て日記:夫婦でおでかけ


主人の母がナントに遊びに来てくれました。子供はマミ(フランス語でおばあちゃん)との時間が楽しくて楽しくて、朝から晩までお祭り騒ぎです。

マミと一緒にナントを観光したり、カフェや近所の公園めぐりや海にも。雨の日は自宅で一日中ひたすらごっこ遊びをして、とにかく毎日楽しく過ごせました。

そして主人の母から、2人だけで出かけてきたら?とうれしい提案が。

フランスでは祖父母やベビーシッターに子供を預けて、夫婦だけの時間を持つことが一般的です。そんなわけで今回、私と主人で1泊旅行に行くことにしました。

行先はボルドー地方、街とその周辺のブドウ畑がまるごとユネスコの世界遺産に登録されている、Saint-Emilion(サンテミリオン)という街。

ナントから車で4時間ほどの距離です。宿泊はサンテミリオン近郊の素敵なシャトーホテルを予約しました。

出発前日、注意事項をマミに伝えます。でも1泊だけだし、何かあればその時にお互い電話すれば済むよね、と主人。うーん、それもそうね。本当はいろいろ細かくお願いしたいところだけど…そこはぐっとがまんしました。

朝早く家を出て到着したのは、朝露の残る一面のブドウ畑と、古い石畳が情緒のあるサンテミリオン市街。まるで中世に迷い込でしまったみたいな錯覚を起こしてしまう、美しい景観でした。

f48-1

街をぶらぶらあるいて、街の中心の広場にあるカフェでのんびりランチ。ワインショップをたくさんまわって試飲してお買い物。

そのあとは近辺のワイナリー巡りをしたり、宿泊するシャトーの所有する畑とワインの醸造施設を見学したり。

f48-2

2人で過ごしながらもやっぱり子供のことが気になって、何度も電話で確認します。ちゃんとご飯食べたかな。夜更かししないで眠れたかな。

いつもとは違う休日の過ごし方。いつもは一緒の子供がいないってちょっと不思議な気分でしたが、主人との充実した時間を、ゆっくり過ごすことができました。